通信制高校 相生学院高等学校

  1. トップページ
  2. 通信制高校の入学と卒業について

通信制高校の入学と卒業について

全日制高校の場合、4月に入学して3月に卒業するというのが一般的です。それに対し、通信制高校の入学時期は4月と10月の年2回、卒業時期も3月と9月の年2回となっています。

入学時期に関して

通信制高校には、単位制または2学期制を採用している学校がほとんどです。そのため、新入生の入学が春と秋(4月・10月)の年2回行われています。出願期間も、1月~4月下旬までと長く設けられているため、全日制高校の入試終了後でも、新入生として入学することが可能です。

また、転入生(現在高等学校に在学している者)・編入生(高校中退した者)に関しては、時期を問わず受け入れ可能な学校が大半です。東京や大阪に校舎を構える相生学院高等学校でも、転入生・編入生を随時募集しております。転入時期が早いほど、同じ年齢の生徒と同じ時期に高卒資格を取得しやすいです。

卒業時期に関して

高等学校には、「学年制」または「単位制」という区分があります。多くの全日制高校では「学年制」が取り入れられており、通信制高校では主に「単位制」が導入されています。「学年制」というのは、その名の通り1年ごとに与えられた教科・科目を学習し、全ての単位を修得することができれば進級・卒業となるシステムです。

一方で、「単位制」には学年という枠(区切り)がありません。科目ごとの修得単位を積み重ねていき、必要単位を修得すれば卒業の資格が得られます。つまり、単位の修得状況によって卒業時期が変動するのです。高校中退編入・転入した際、前籍高校での修得単位が移行できる学校であれば、頑張り次第で卒業時期を早めることが可能になります。

単位修得の早さには個人差がありますが、私立の通信制高校に通学している生徒の大半は、入学してから3年後に卒業しています。また、各通信制高校で定められている在籍期間を活用して、ご自身の学習ペースに合わせながら5年ほど時間をかけて卒業する生徒もいます。認められる単位数や期間の限度は学校によって異なりますので、事前に調べておくことをおすすめします。

賢者の選択

通信制高校|相生学院高校のtwitter

通信制高校|相生学院高校のfacebook