通信制高校 相生学院高等学校

  1. トップページ
  2. 通信制高校とサポート校の比較

通信制高校とサポート校の比較

私達がよく耳にするサポート校ですが、そのサポート校と通信制高校には違いがあります。


サポート校とは

サポート校というのは、主に予備校や専門学校、学習塾などが母体となって運営を行っており、通信制高校に在籍している生徒がスムーズに高校卒業資格を取得できるサポートを行っている民間施設のことです。 現在では、その数も多く、全国で300校近くあります。


通信制高校とサポート校の違いについて

このサポート校を、通信制高校と混同している方がいらっしゃいますが、通信制高校とサポート校には違いがあります。それは高校卒業資格が取得できるか、できないかの違いです。

確かに、サポート校というのは、生徒に学習の場を提供している施設ではありますが、学校でなく、どちらかというと「塾」みたいな存在なのです。 サポート校というのは塾みたいなものですから、仮に卒業をしても高校卒業資格を取得できるわけではありません。

現在では、サポート校が通信制高校と連携して高校卒業資格が取得可能なサポート校もありますが、「高校」ではないのでサポート校単独であれば高校卒業資格を取得することができないのです。 一方の通信制高校というのは、通信による高校過程の教育を行う学校ですので、全日制や定時制と同様に学校教育法に則ったれっきとした高校なのです。

もちろんきちんと単位を修得すれば、高校卒業資格を取得することが可能となっています。 現在では、曖昧な表現をしている場合が多くありますが、このように通信制高校とサポート校に違いがあるのです。法律上においても全く違う定義となっていますので、この違いをしっかりと知る必要があります。

東京などの大都市にお住いの方でも、高校卒業資格の取得のため、通信制高校に入学したいと考えている方はいらっしゃるでしょう。しかし、通信制高校とサポート校の違いを知らなければ、最悪の場合、その資格取得ができないこともあります。そのためにも、ぜひしっかり上記の違いを知識として覚えておくようにしましょう。



賢者の選択

通信制高校|相生学院高校のtwitter

通信制高校|相生学院高校のfacebook