通信制高校 相生学院高等学校

  1. トップページ
  2. 通信制高校の進学について

通信制高校の進学について

通信制高校の場合、「進学率が低そう」と心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか?また、「普通の高校よりも受験で不利になる」というイメージを抱いている方も多いようですが、進学において通信制高校の卒業歴が不利な要素になるということはありません。

通信制高校の進学率

文部科学省の報告によると、通信制高校の卒業生全体の16.6%が大学や短大へ、また23.8%が専修学校へ進学している、というデータがあがっています。特に専修学校への進学は全日制高校とほぼ同じ割合です。 この割合は10年前と比較しても4割近くの差が出るほど年単位で増加傾向にあり、通信制高校の教育機関への進学率は着実にアップしていると考えられます。 有名大学への進学実績を売りにする学校も見受けられるようになりました。通信高校では学習面でのサポートが不十分であることが進学率の低下原因とされていましたが、最近では進学サポートも充実しております。学校側の充実したサポート体制と共に生徒自身の意識も高まり、このような結果に繋がっているのかもしれません。

推薦枠を利用しての進学

通信制高校によっては、大学や短大への進学に直接繋がる推薦枠を設けているところもあります。近年では、それを利用して進学を果たす生徒が増えてきました。推薦入試は、一般入試よりも合格する可能性が極めて高い試験制度といえます。そのため、通信制高校を選ぶ際は人気のある大学・専修学校の指定校推薦枠をどれぐらい持っているかどうかも調べておくこともおすすめです。高校卒業資格を取得することで学べることが増え、未来の選択肢も大きく広がります。

相生学院高等学校では、大学・短大・専修学校への特別推薦やスポーツ推薦はもちろん、自己推薦対策も万全です。生徒一人一人の成績アップはもちろん、志望校合格へ向けて全力指導いたします。将来のことを考慮に入れるのであれば、数ある通信制高校の中からぜひ相生学院高等学校をお選び下さい。大阪・兵庫・神戸・奈良・愛知・東京など、各地域にあるキャンパスで楽しい高校生活をおくりませんか。

賢者の選択

通信制高校|相生学院高校のtwitter

通信制高校|相生学院高校のfacebook